師匠と弟子

フランスチャンピオンシップ運の役割転換と変化

2017年当初から私達が待ち焦がれていた大対決。タイタン同士のせめぎ合い!王冠を巡った戦い!“ゲーム・オブ・スローンズ”!ここで言うのは勿論、マーベリック・ビニャーレスとマーク・マルケスの対決です。ル・マンは少し違った決闘を催しました。

ビニャーレスが逃げ切り、バレンティーノ・ロッシも又そう続きそうでしたが、果たして結果は?2人ともそうは行きませんでした。この2人のヤマハの走者は最終ラップで互いに身動き取れなくなり、ガレージには悔しさに噛まれた爪さえ残りませんでした。なぜなら彼らは後にビニャーレスが記者会見でこう言うのを知ったからです。

「僕はクラッシュを待っていたんだ、だってヴァレンティーノをよく知っているからね。」

ファンはみんなヴァレンティーノを知っていて、又珍しくて有名な例外をのぞいて、ファンはみんな決闘には医者がつきものとも知っています。彼自身がそれを偽りだと証明していたので、マーヴェリックでさえわかっていました。

MotoGP - Jack Miller #43 - Pol Espargaro #44 - Danilo Petrucci #9 - Grand Prix du France - Le Mans - 2017 -

それでは何が起きたのでしょう?

ロッシは何も知らなかったと言っていて、驚いた事に前輪でなくて後輪が動かなくなっていました。  フランスGPの記事の見出しに現チャンピオンのマーク・マルケスが載るかに見えたレースでの衝突も含む、週末のいくつかのフロントエンドの衝突からパンクしていたのです。弟子がゴールするのを師匠が場外に行きながら見送るのは問題ではありませんでした。ロッシは限界に挑戦していましたが、遂に場外に終える羽目になったのです。

ショックな事とは別に、ビニャーレスに幸運の順番が来るはずの心理的優位と相当なマージンによるチャンピオンシップで25リードする数と供に、費用がかさむ羽目になっただけでなく、2位におなじみの名前が潜んでいました。しかしまず私達はフランス人の話をしなくてはなりません。

ヨハン・ザルコがホームでのレースで、その派手でユニークでも内気なルーキーが事によるとやりすぎるかもしれない、と安易に予想されました。このテック3ライダーが第1ラップ序盤でリードを取った時もこの予想は変わりなく、6ラップを先頭で走りそれから衝突した時ザルコは、カタールの“閃光”を又被ったと言っていました。ザルコもかつて2度勝ち得た優勝を経験した他のチャンピオン達はミスから学んでいるものが多く、このフランス人もまた同様でした。先頭集団の中で穏やかに落ち着いていて、このダブルMoto2チャンピオンが表彰台に登るのは明白でした。2人のヤマハ走者が最終ラップを先駆けるのを見る時、私達の思いの大方をまとめて引用せしめました。

何か起こると思っていたんだ、そして起こった。

フランス人の観衆はル・マンのテック3ライダーに対して非常に憤慨しました。彼らは確かに的を得ていたのです。つまりパドックの終わりでは非常に慎重にならねばならないはずだと。ザルコは10年間もル・マンにいたかのように走ったのです。

フランスGPでザルコと同じ失敗をしたのは、実際に過去にそんな事をした事がない男、ダニ・ペドロサでした。このスペイン人は最初のステージで13位から7位に突き抜け、先頭集団に印象を与えるには前に控えるドヴィツィオーゾとクラッチローを突破しなくてはならないと気づきました。ダニはドヴィツィオーゾを丁寧なコーナーブレーキで抜き去りました。フォルリ型のこの走者に対して離れ業は意味を成し得ません。そしてクラッチローは小さなミスを犯し、ペドロサの重い突進によって無作法にも場外に強打されて落ちました。

ヘレス・サーキットでの勝利の後、表彰台は別の印象的な走者に占められていました。そしてペドロサは“今回は勝利し順位を大きく上げた単なる走者”から“優勝決定戦でマーベリック・ビニャーレスを脅かす最大の挑戦者”へと見なされるようになりました。

Moto2 - SKY Racing Team VR46 - Francesco Bagnaia #42 - Le Mans - 2017 -

フランスGPではまだまだ話す事があります。モルビデルはルティのテリトリーにうってでました。ヘレス・サーキットの後でフランチェスコ・バグナイアはヒートアップしています。ロマーノ・フェナティはコースアウトしました。KTMにも重要な選手がいます。土曜日に初めてレッドブルズ2選手がクオリファイを得ました。日曜日には別のダブルポイントフニッシュが起こりました。それはMotoGP™週末史上オーストリア工場での5番目よりさらに凄いものでした。

走った後の土埃が収まり、ルマンのショックが癒えた頃、次の事が残ります。

シーズン前テストで最も安定した結果を出した2人の男がラウンド5の今1、2位争いをしている、その事です。

-

https://www.probolt-japan.com/photogallery/motogp