JGスピードフィットカワサキが多くの表彰台へ。ブランズハッチ、インディ

ドニントンパークでのエキサイティングで予測不能なチャンピオンシップの始まりの後、ケントのインディサーキットでのMCEブリティッシュスーパーバイクチャンピオンシップの第2ラウンドは常通り競争が激しくなり、レースは予測を遥かに上回る成り行きで、多くの驚きと2017年のBSBがかつて無いほどに競争の激しいものになる事を確信させました。

プロボルトがスポンサーのスピードフィットカワサキライダーのルーク・モッセーは、第1レースで彼の至上初の勝利をなんとかもぎ取っただけでなく、次の第2レースで得がたいダブル勝利をあげ、さらに先週の勝者である仲良いチームメートのレオン・ハスラムさえ抜き去りました。ラップ9でTyco BMWのクリスチャン・ラドンにレオンが負けなかった事は、ZX-10R動力チームにとりおこりえる中でほぼ完璧な週末となりました。

- The Battle for First - Haslam, Mossey, Iddon -

脳震盪の疑いの為ドニントンパークでの第1ラウンドを逃した後、ホームヒーローと現BSBチャンピオンのシェーン・シェイキー・バーンは感動を巻き起こしに戻り、グリッド前の戦いでチャンピオンシップのリーダーハスラムからポイントを勝ち得ました。

ポケットロケットを追い詰めコーナー内側を抜ける最後の瞬間、バーンがハスラムをわずかな間上位3位から力づくで追い出しました。ローカルライダーの為だけに彼の愛車パニゲール前から他ライダーを追い散らし、チームメートと同様にレースから転りでました。グレン・アーウィンは2周前で追突場外し、ビーワイザードゥカティチームにライダー2人とバイク2台をこの困難の中に残し、スーパーバイクチャンピオンシップのラウンド争いから外れました。

ジェームス・エリソンも少しも良くない週末を過ごした1人でした。予選とウォームアップ両方でポジティブテストを得て他ライダーに先駆けた後、このベストクオリファイ者はモッセーを先導しハスラムはMcAMS ヤマハ YZF-R1に乗り、開幕レースの最初の段階でじりじりと小さなアドバンテージを取りました。しかし彼の激しい頑張りは12周目でドルイドに衝突して終えました。

アンビルハイアTAG ヤマハのジョッシュ・ブルックスは、ファイアーブレードSPに乗るジェイソン・オハロランに勝負をしかける事でオーストラリア人の闘争に勝ち、線からわずか数メートルで4位に占めました。ホンダレーシングのライダーは、彼のチームメートでスミスレーシングBMWのピーター・ヒックマンとの競争から先にでてダン・リンフットより早い5位につけました。ホンダの現時点での今期ベストの成績です。

- Peter Hickman - Smiths Racing BMW  - Josh Brooks - Anvil TAG Yamaha -

BSBルーキーのブラドリー・レイは今期初のトップテン入りの8位を占めました、第1ラウンドでのひどい足の骨折にもかかわらずMotoの強者であるドゥカティのジョッシュ・ホプキンスは勇敢に9位に入り、元ワールドスーパーバイクチャンピオンのシルヴァン・ギントリはベネットスズキGSX-R1000で10位につけました。

たった2ラウンドの後で2017 MCEブリティッシュスーパーバイクチャンピオンシップがほぼ誰もが覇者になりえるゲームであることは、とても明白でした。最初の数日ライダー達が依然としてリズム調整をしてチームがバイクを開発し技術を磨く間に、予測できない衝突、素晴らしい驚きのパフォーマンスと非常に切迫したレーシングが、試合がまだまだ色んな事が起こりえると保障していました。

全員オウルトン・パークに注目して下さい。